トップページ > トマティスメソッドとは

トマティスメソッドとは

耳の機能を改善し心と体をリラックス

トマティス・メソッドは、聴覚心理音声学の権威として知られる、フランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士が、「聞き取れない音は発音できない」「聴覚を改善すれば、発声にも変化が現れる」「改善された耳は定着する」という法則の発見により、長年の研究から生みだした聴覚トレーニングメソッドです。
トマティス・メソッドは、博士が開発した『エレクトリックイヤー(電子耳)』という特殊な装置を使い、聴覚を一度ピュアな状態に戻してから、新たに再構築するという、独特の聴覚トレーニングです。
ヨーロッパやアメリカなど、世界各国のトマティス・トレーニングセンターで実施され、英会話をはじめとする語学力の飛躍的な向上、脳の活性化による深いリラクゼーション効果など、高い成果をあげています。
トマティス・メソッドは、21世紀に必要不可欠な『会話=コミュニケーション』と『リラクゼーション』という2つの要素を同時に得ることができる、実に画期的なトレーニング法です。
トマティスのトレーニング方法はいたってシンプル。特殊なヘッドホンでモーツァルトなど、心地よい音をゆったりと聴いているだけ。それだけで、いつのまにか聴覚が開き、音感が変わり、意識が変わり、まるで生まれ変わったように新しい人生の扉が開きます。

トマティス博士


Dr.Alfred Tomatis
アルフレッド・トマティス博士

1920年 フランス・ニース生まれパリ大学医学部卒、
     耳鼻咽喉科博士
     パリ・カトリック協会臨床心理学校心理学部教授
     ドイツ、南アフリカ、カナダ等の大学招聘教授を
     歴任
1951年 公衆衛生シュバリエ賞
2000年 アメリカインターナショナルインスティチュート
    スペクトラム賞
    受賞までの間、フランス、ブラッセル、イタリアにおいて文化・芸術・科学の分野
    で受賞多数
1993年 来日「人間はみな語学の天才である」出版講演
1994年 来日「モーツァルトを科学する」出版講演
2001年 フランス・カルカッソンヌにて歿

アルフレッド・トマティスは、フランスの著名なオペラ歌手の父親の元で
幼少時より音楽的な環境に育ちました。
その影響もあって職業に 耳鼻咽喉科医を志し、特に騒音による聴覚障害と歌手の歌唱障害の
研究に取り組み、「人間の声には 聞き取れない音は含まれない」という法則を見つけました。
この法則は1957年にソルボンヌ大学の心理学実験教室で 確認され、「トマティス効果」
と命名されてフランスの科学アカデミーと国立医学アカデミーに登録されています。
トマティスはさらに研究を続け、カナダ、南アフリカ、アメリカなどで、
聴覚と発声、聴覚と心理のメカニズムを解明し、聴覚・心理音声学を提唱しました。
[聴覚は変えることができる]という理論に基づいて[聴覚トレーニング機器]を考案し、
フランスの内外で数々の賞を得ています。この聴覚トレーニング機器を使用して、
心因性難聴、外国語学習、音楽、マタニティ、学習困難、心理、コミュニケーション等の
分野における聴覚改善教育プログラム『トマティスメソッド』を確立したのです。
また、モーツァルトの音楽やグレゴリオ聖歌が耳と脳に与える音楽効果をいち早く検証し、
現在でも世界の音楽療法家に多大な影響を与えています。