トップページ > 親子コース

親子コースのプログラム

プログラムは1日2時間・お母さんは45時間「リラクゼーション」を、子供さんは60時間「耳の調整と再構築」をというように、それぞれの目的や耳の状態に応じて最適なプログラムを設定することができます。
トレーニングは一緒に受けていただくこともできますし、別々の時間を設定していただくことも可能です。
(貸出の機器を使ってご家庭でトレーニングしていただく場合は、子供さんは眠っている間にしていただいても結構です。)

お母さんと一緒に楽しくトレーニング

こどもにとってお母さんと共有する時間はとても大切。一緒にトレーニングを受けることで、とても良いコミュニケーションが取れるようになり、こどもたちも安心して楽しくトレーニングが続けられます。

こどもたちの無限の可能性の扉を開く、それがトマティスメソッド

ご両親の気持ちになって、難しい子育てをトマティスが応援します。

未来を担う大切なこどもたちにとって、今、とても難しい時代を迎えているといえます。
それは、同時に子育ての難しさでもあります。こどもたちの学習障害(LD・ADHDその他)やコミュニケーション力などに、さまざまな問題を抱えて悩んでいるご両親も多いはず。
トマティスでは、お母さんとこどもが一緒にトレーニングを受けることで、こどもの抱える問題と、子育てにおけるストレスを同時に解消するお手伝いをしています。こどもたちにとって、より心地よく成長していける家庭環境を作るとともに、秘めた能力を開花させ、前向きな明るい未来へと導きます。

学習困難の改善

学習困難の子供たちの中には、音の捉え方に問題があるケースが見られます。例えば、聴覚の過敏が原因で、音量調節がうまく出来ず、雑音や不必要な音にフィルターをかけられなかったり、さらに、音の高低が選別ができない、音色がわからないといったケースもあります。
そうした場合、先生の声は聞こえるけれども、その音声に焦点を合わすことが出来ないため、正しい聴き取りや意味を理解するのに困難をきたしています。そのためすぐに疲れて、集中力が切れ、「耳」は授業からリタイアしてしまうのです。
トレーニングでは、聴覚不全、聴覚過敏、選別力不全といった問題を抱えている子供の聴覚をリニューアルして、適正な音量の調節ができ、音にきちんと焦点があてられる、正しい耳の使い方を身につけます。



トレーニング前の状況

集中力がない。情緒が不安定。思い通りにいかないと興奮する。自分をコントロールできない。
漢字を覚えるのに時間がかかる。適切な会話ができない。作文も2~3行で終わってしまう。

トレーニング後

[本人のコメント]
前より先生の声が聞こえるようになった。
[学校の先生のコメント]
かけ算が早くなり、学校のテストの点数も上がった。学校の中で暴力を振るうことはなくなった。落ち着きができた。
[母親のコメント]
激昴することがなくなり、自分が悪いと思ったら素直に  謝るようになった。今までは大きな事柄以外、学校の話をしなかったが、友達のことを少しづつ話すようになった。(以前はほとんどしなかった)

受講料

聴覚テスト:10,800円
トレーニング料金 お母さん(45時間) /子供(60時間): 243,000円

コース体験者の声


親子ともストレスが緩和された。子供が学校から帰って来た時の顔がとても明るくなった。
目も多動だといわれ一定のところになかなか目をとどめて置くことができないので、まっすぐの線をなぞるのが一番苦手だが、字が今までよりきれいに書けるようになっ ている。
また、周囲の様子に目がいくようになり、状況をつかめるようになったので、親も子供を指導していくのに、次のステップに進んだ対応ができるようになった。トレーニングが終わって、子供が学校の先生の声がちがって聞こえるようになり、聞 きやすくなったと言います。一緒にトレーニングした親も周囲に目を向けられるのか、車の運転がすごく楽になりました。 <親子 8才男児〉

娘も私も、かなり落ち着いて物事に取り組むことができるようになったようで、娘の耳が、多少大きい音でもきけるようになり、恐怖心などが改善されたように思います。
ゆっくり時間をかけてトレーニングしていただけたことや、スタッフの方々にとても親切にしていただけたことが、とっても良かったのではと思います。また、少し時間をおいて追加をしたいと思います。<親子 12才女児〉


書く字・絵が整ってきた。姿勢が良くなって来た。情緒が安定してきた。明るくなった。外遊びをよくするようになった。新しいことをするのを怖がらなくなった。
とにかく、とても明るくなって、ささいなことでピリピリしていたのがなくなったので、お兄ちゃんとの関係も良くなり、嬉しいです。〈親子 7才男児〉


授業にほぼ出れらるようになった。漢字の書き取りなど苦手なものにも集中出来るようなった。(1時間くらいかかっていた課題が10分くらいで終わるようになった)教室など騒がしいところにいても平気になった。身支度が早くなった。奇声を上げなくなった。車の中、店の中などで騒がなくなった。急に声をかけても驚かなくなった。気分が、安定してきた、人の話をよく聞くようになった。自分の考えに固執しない。身体のバランスがよくなった。足が早くなった。動きや声の出し方が自然になった。顔つきが年相応になってきた。目つきが自然になってきた。字を書くのが早くなった。話がかみ合うようになってきた。言外の意味や相手の気持ちが分かるようになってきた。気分のリセットが早くなった。子供とも少し話が出来るようになった。写生ができるようになった。動くものを目で追えるようになった(ボール・虫など)。大音量の劇なども楽しめるようになった。〈親子 11才男児〉


親子でよくなりました。
娘は一時、教室内にいることもできなかったが、入れるようになり、また、耳せんやイヤーマフをつけて体育館などでの集会に参加していたが、トレーニング後は、使用しなくても参加できている。うるささは、感じてはいるが、以前ほどつらくなくなっている。車酔いが多かったが、少なくなってきた。
 子どもの改善のためではあったが、トレーニングに興味があったので、私も受けた。発声のトレーニングをしたことで常に自分の内面の状態(気持ち、体の力の入り方)を意識して、声を発するようになった。気持ちや力の入っているところを意識して、いい状態に変えようとすることで声を楽に出せるようになった。と同時に「きつい」言い方や口調になるのを減らすことができた。「聞くこと」を意識するようにアドバイスを受け、しっかり聞くようになった。
 職場で以前よりていねいに周りの人の話をきちんと受け止め応えることができているように思える。
 かかわっている子ども達にも、以前からゆったりと落ち着いてかかわることを心がけていたが、トレーニングをして発声するスキルを学んだことで、より意識し、そして自然にできるようになってきたと思う。しばしば声をからしたり、のどの調子が悪くなったりしていたのが、少なくなった。
 「自然に、楽に」声を出せることは、職場でも家庭でもすごく大切なことではないか・・と思う。(親子 8才女児)